水溶性ビタミンC誘導体とは

肌に良い成分の一つとして人気が高いのがビタミンCですが、ビタミンCというのは、そのままでは肌に吸収されにくい成分でもあります。
塗っても肌の内側まで浸透しなければ、効果も出ない為、ビタミンCを肌に浸透しやすい形に改良したものがビタミンC誘導体です。
肌の内側まで浸透すると、そこで酵素と反応し、ビタミンCに変化し、コラーゲンの生成を促進し、新陳代謝を高めたり、メラニン色素の働きを抑制し、美白効果を与えたりと、美しい肌を作る為の働きをしてくれる事になります。
そんなビタミンC誘導体には、水溶性、脂溶性等の種類が存在します。
中でも、最も身近なのは水溶性ビタミンC誘導体です。
水溶性は、ビタミンC誘導体の本来の状態で、化粧水や美容液、ローションなどには、このタイプが使われています。
ビタミンCに比べると、高い浸透率を誇り、効果も即効性が高いのが特徴です。
それに対して、脂溶性というのは、この水溶性に油分を加え、クリームやジェルに配合しやすいように加工したものです。
脂溶性は水溶性と比べると、保湿力と、効果の持続力が高い事が特徴です。
ビタミンC誘導体は、配合される化粧品等に合わせて、水溶性や脂溶性といった種類が存在します。

コメントは受け付けていません。