高浸透型ビタミンC誘導体とは

ビタミンCはニキビや吹き出物などの肌荒れに効果があるだけでなく、美白にも役立つことから、アンチエイジングには不可欠なものです。
しかしビタミンCは安定性が悪いため、すぐに壊れてしまいますし、お肌にも浸透しにくいという難点があります。
そのままでは使えませんから、これらの欠点を改良して生まれたものが、ビタミンC誘導体になります。

ビタミンC誘導体が体内に入ると、酵素の働きでビタミンCとなるので、美肌や美白に大変役立ちます。
安定性が高く、肌に浸透しやすいことから、昨今は化粧品の成分として見かけることが多くなっています。
ビタミンC誘導体は、水溶性のタイプと親油性のタイプに分けられるのですが、水溶性の場合は表皮ですぐに効果を発揮し、脂溶性の場合は角質層に浸透してから効果をあらわすという違いがあります。

高浸透型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)とは、水溶性と脂溶性の長所を併せ持った、新型のビタミンC誘導体のことですが、これを使えば、浸透力の高さと即効性により、肌トラブルのない、若々しい素肌に導いてくれます。
水溶性の100倍もの浸透性を持つため、高い抗酸化作用と美白効果がありますし、水溶性のように濃度が高くて刺激を感じることもないので、肌が敏感な方でもAPPSなら使用することができます。

コメントは受け付けていません。