効果的なビタミンCの濃度について

アンチエイジング作用や美白作用、シワやたるみの予防改善、ニキビやニキビ跡の改善など女性には嬉しい効果を発揮するのがビタミンCです。食事やサプリメントからの摂取はもちろん、化粧品などで肌に直接与える方法もとり入れられています。
しかし、ビタミンCは安定性が低い性質のため、そのままの形で化粧品に配合するのは難しいというのが実情でした。そこで登場したのがビタミンC誘導体です。お肌に吸収されにくくしかも肌に付けても酸化してしまうビタミンCに対して、それらの欠点を解消して作られた成分がビタミンC誘導体です。肌によく吸収、しかも安定性が高いのでビタミンCの嬉しい効果が期待できるのです。
ビタミンC誘導体はそれ単体でも販売されていますが、手作りコスメを利用している人でない限り、あらかじめ配合された化粧品などの使用の方が簡単でベターです。そうなると気になるのが濃度です。どれくらいが効果的なのでしょうか。
一般的に3%から高い効果が期待できると言われています。医薬部外品の美白化粧品には通常1から2%の物が多いようです。これ単体ではそれほど高い効果は期待できないため、他の成分も含まれているのです。医療現場では5から6%の物が使用されていますが、これ以上になると肌への負担が強くなるので、あまりおすすめできません。

コメントは受け付けていません。