ビタミンC誘導体とは

ビタミンCは代表的な抗酸化物質であり、感染に対する抵抗力を向上させ、体内の毒素を効果的に分解する解毒作用や血中コレステロール低下作用をするなど様々な作用をします。
しかし、体内で作られないので食品などで補充する必要がありますが、ビタミンは空気や水に弱いので誘導体を利用した方法で食品や飲料などを生産します。
また、純粋なビタミンを肌に塗ってもすぐ破壊されて効能がないため、その場合にも誘導体を利用し、安定した状態で皮膚層に入ると誘導体を落としてビタミンに変換されるようになります。
ビタミン誘導体を用いた化粧品は肌色の改善やシミ、ニキビなどに効果があります。
ビタミンCが肌に与える役割は皮膚層の骨格を維持して弾力性を与えるだけでなく、肌の保湿を担当するコラーゲンの合成を促進させます。
また、肌にハリを与えるタンパク質であるエラスチンの生成作用を促進して小じわを予防し、皮膚細胞の成長を促進するため、メラニン色素の生成が過剰になることを防いでくれます。
ビタミンCは皮膚の老化や色素沈着を防いでくれるのでスキンケアに欠かせないものであり、特に抗炎症作用でニキビ肌や日光などに敏感な刺激性の肌に優れた効果があります。 

コメントは受け付けていません。