ビタミンCとり過ぎるとどうなる?

ビタミンCというと美肌や健康に欠かせない栄養素として積極的に摂取したい栄養素のひとつです。摂取しても尿や汗で排出されるし、熱や光、お酒やタバコ、ストレスなどで壊れやすいのでとりすぎなんて関係ないと思われている方も多いです。そしてビタミンC含有をうたったサプリメントやドリンクもたくさん出回っているので簡単に摂取できます。もちろんビタミンCは少なくても良くありません。しかし他の栄養素に比べると副作用は少ないとはいえ、摂取し過ぎても体に影響が出るのです。
普通の生活の中で摂取する程度でしたら体が対応して処理するので問題ありません。例えば、みかんをたくさん食べ過ぎたりしても少し下痢する程度で大きな病気などにはなりません。しかし、ビタミンCをたくさん含んだサプリメントやドリンクを一度にたくさんとり過ぎるのは問題です。
ビタミンCを過剰に摂取すると、それを分解する肝臓に負担がかかります。そうすると下痢だけでなく嘔吐してしまうこともあるのです。さらに尿に血液が混ざったり、尿路結石を誘引することもあります。
健康に欠かせないとはいえ、過剰に摂取すると体調を壊すことになりかねませんので適度な摂取を心がけましょう。

コメントは受け付けていません。