ビタミンCが多く含まれる食材は?

美容のために最も大切なビタミンと言っていいくらい大切なビタミンC。酸化を防いで細胞の老化を抑え、内側から肌をキレイにしてくれるので、毎日必ず摂りたい栄養素です。また、細胞の再生や粘膜を丈夫にする効果で免疫力上がり、脂肪の蓄積を防ぐ効果も確認されているのでダイエットにも必須です。
ビタミンCは野菜、果物に多く含まれます。酸っぱいのでレモンのビタミンというイメージがありますが、一番多く含む野菜は意外なことに赤パプリカで、100gに対し170mgのビタミンCが含まれているのです。黄色のパプリカやトマトなどの野菜や、いちご、オレンジなどよりもずっと多い量です。その他、ジャガイモや緑茶、柿、ハムなど意外な食品にもビタミンCが多く含まれています。
ビタミンCは水溶性なので、煮たり蒸したりすると溶けてしまいます。また、熱に弱いため加熱調理をすると大半が失われてしまいます。そのため、赤パプリカから上手にビタミンCを摂取したいなら、サラダにするのがおすすめです。赤パプリカを薄くスライスして、ノンオイルのドレッシングで和えるだけ。加熱せず生のままでたくさん食べられるので大切な栄養素が壊れずそのまま摂取できて、ボリューム感もあるのでダイエットにも最適です。
上手にビタミンCを摂り入れて、内側からキレイになりましょう。

コメントは受け付けていません。