ビタミンC不足を招く生活例

私達の生活の中で、ビタミンCの不足を招くとされているのは、やはり喫煙とストレスが一番です。仕事、育児、家事、勉強など原因はそれぞれですが、ストレスによる喫煙は悪循環です。
ビタミンCの働きは抗酸化作用やコラーゲンの合成などが良く知られています。
喫煙はもちろんですが、寒いところで仕事をしている人や、寒さに弱い人もビタミンCの消費が多くなるので、意識して摂取しましょう。
肌荒れやシミを抑えてくれるのもビタミンCの働きの1つです。
ですが、サプリメントなどで10g以上過剰摂取すると、一時的に下痢、頻尿、発疹などの症状が現れる場合があるので注意が必要です。
ジュースなどで多くの摂取をしても、2~3時間で排泄されるので、3食の食事で定期的に摂るのがベストです。
多く含む食品として、毎日の食事で摂れそうな食材は、ピーマン、とくに赤、黄のピーマンに多く含まれます。
他に夏野菜のゴーヤ、根菜ではサツマイモやジャガイモ、フライドポテトにすると含有率が上がります。
果物ではレモン、キウイ、柿、イチゴなど。海藻類でも、のりやとろろ、ワカメに。加工品でもハムやベーコン、レバーに多く含みます。煎茶の茶葉も有名です。
ストレスを感じても楽しく食事をし、眠りで解消できるよう心掛けて生活したいものです。

コメントは受け付けていません。